Macで中国語とロシア語を入力する

2018年4月27日

MacもWindowsも多言語対応OSなので、キーボードさえあればロシア語でも中国語でも入力可能です。いや、もっと言えばキー配置さえわかっていれば、設定変更するだけで使えます。

Mac用キーボードカバーを買った

ロシア語と中国語の学習にあたりキーボード入力も必要だねと調べてみたら、キートップにシールを貼って対応している人が多い。専用のシールも売っているし、自作シールを貼っている人もいます。

一応タッチタイプはできるし、日本語入力もローマ字入力なのでキートップにシールを貼ってもいいんですが、2言語分だしなぁ。自作でなきゃどちらか一方と言うことになってしまうし。。。

さらにMacBook ProとMacBook Airのふたつがあるんだよね~。なんて迷っていたらシリコンのキーボードカバーを見つけました。

注音符號のものはたくさん流通していてまぁ安い。576円。一方キリル文字のものはほとんど出回っていなくてAir用の4,231円のものしかない。ということでAir用にキリル文字を、Pro用に注音符號のカバーを買いました。

Mac用キーボードカバー

試しに入れ替えてみると。。。最上段のファンクションキーと最下段のスペースキーまわりのサイズが合わないだけで、中4段の数字キーとqwertyキーはシフトやエンターを含めて全く同じじゃあありませんか!

なので都度カバーを取り換えることで対応することにしました。ちなみにProはearly2011の15インチ、Airはearly2015の11インチの、それぞれUSキーボードモデルです。

MacBook Proと注音キーボードカバー

MacBook Airとキリル文字キーボードカバー

Macのヨーロッパキーボードって日本語101キーボードみたいにリターンキーが縦長のモデルもあるんだね。キリル文字キーボードカバーの方はリターンとёとが一体になっていて、縦長リターンキーにもUSキーボードみたいな横長リターンキーにも対応可能になってる!

Хорошо!

Macのキーボード設定

Macで注音キーボードとキリル文字キーボードを入れる手順です。

  1. System PreferencesからLanguage & Regionを選択
    System Preferences
  2. Language & RegionでKeyboard Preferences…ボタンを押す
    Language & Region
  3. KeyboardのInput Sourcesタブで+ボタンを押す
    Keyboard
  4. 追加したい言語リストを選んでキーボードタイプを選択
    RussianChinese, Traditional Zhuyin

ここではすでに選択済みなので、選択すべきキーボードタイプはグレーアウトしています。台湾の注音は繁体字なので”Chinese Traditional”を選択しますよ。

言語切り替えは普通にcontrol+spaceでトグルします。短押しで直近で使用した2言語間のトグル、長押しで利用可能なすべての言語リストの選択ができます。

Macの言語選択リスト

Windowsのキーボード設定

Macでキーボードカバーを使っているうちに何となく配列を覚えてきました。特に注音符號は順番に並んでいますからね。というわけで会社のWindows7にも注音キーボードとキリル文字キーボードを入れておきます。

  1. コントロールパネルから「地域と言語」を選択
    コントロールパネル
  2. 「地域と言語」で「キーボードと言語」タブを選択して「キーボードの変更(C)…」ボタンを押す
    地域と言語パネル
  3. 「テキストサービスと入力言語」の「全般」タブで「追加(D)…」ボタンを押す
    テキストサービスと入力言語ウィンドウ
  4. 「入力言語の追加」で必要な言語を選択して「OK」ボタンを押す
    入力言語の追加(ロシア語)入力言語の追加(中国語)

入力言語の切り替えはタスクバーの言語バーをクリックしておこないます。

Windowsの言語バー切り替え

注音輸入法

なんとなく使い方がわかってきたので、こちらに注音輸入法の操作方法をまとめました。

キリル文字のほうは文字変換はないのでいいんですが、注音符號入力の場合は日本語入力と同じく変換作業が必要です。

日本語入力ほど洗練はされていなくて、ほぼ単漢字変換に近い操作性。一文字づつ聲母(子音)と韻母(母音)を入力して聲調符號キー(第一聲はスペースバー)を押すと文字候補一覧が出ます。

注音輸入法

上記は「好」の入力手順。聲母の「ㄏ(h)」、韻母の「ㄠ(ao)」、聲調符號の「ˇ(第二聲)」を押すと変換される。

日本語IMEの変換キーみたいに聲調符號キーを押す都度次の文字にカーソルが移動するんじゃなくてページ送りされてしまったり、リストの最後まで行ったら先頭に戻らなかったり、変換キャンセルしようとしてエスケープキーを押しても確定されてしまったり。。。ま、その辺そんなもんかと思って使いましょう。

せめてiOSのソフトウェアキーボードみたいに予測変換してくれたらなぁ。