ロシア語の疑問詞疑問文

2018年4月28日

前回、基本的な文型の中で真偽疑問文を取り上げましたが、今回は疑問詞疑問文をいくつかやります。

кто – who

Кто это?

「誰、これ?」と。複数人でも同じです。単純ですね。

Кто это?

イントネーションは疑問詞を高音、以降は低音です。

答える場合は人名であったり人称代名詞であったり、その人の属性(親とか友達とか同僚とか…)を肯定文で返します。

Кто это?
Это Володя.

Володя(ヴァローヂャ)はВладимир(ヴラヂーミル)の愛称ですから、「誰、これ?」「プーちゃん(Владимир Владимирович Путин)!」って会話です。

что – what

Что это?

「何、これ?」と。複数でも同じです。更にいうと「あれ」でもいいみたい。単純ですね。イントネーションも先ほどと同じ。

あと注意点としてはчтоの発音が「ちとー」ではなく「しゅとー」です。なんでかね?

Что это?
Это пиво.

「これはなに?」「ビールだよ」♪( ´▽`)

где – where

Где очки?

очкиはメガネ。「メガネはどこだい?」と訊いています。イントネーションは先の二つと同じ。

「おでこにあるでしょ!」というのはまだ言えませんが、「ほら、ここ」とか「ほら、あそこ」ぐらいなら言える。

  • Вод здесь.:ほら、ここ
  • Вон там.:ほら、あそこ

водとかвонは「ほら」という呼びかけの助詞。後に続くздесь(ここ)やтам(あそこ)に応じて使い分ける模様。。。ま、セットで覚えよう。

кточтоのような区別なく英語同様に人にも物にも使えます。