ロシア語の平叙文と否定文と疑問文

2018年4月21日

ロシア語で「This is ~」は「Это ~」と表現します。be動詞に相当するものがないし、冠詞もない。これに名詞を繋げれば立派な文の出来上がりです。

英語より簡単!…と思うでしょ?

平叙文と否定文

Это ручка.

ネタとしちゃあちと古いけど、「This is a pen.」です。これが平叙文。этоэударениеがあるので、оは弱化してあいまいな「ア」になりますよ。「えーと…」じゃないよ!

で、イントネーション。

Это ручка.

そして否定文。

Это не ручка.

否定したい語の直前にнеを置けばよし。このнеにはударениеがありません。

いずれもキーワード(言いたいこと)のударениеまでを中音で発声して、その先は低音で続けます。イントネーションが大事みたいです。

疑問文

…というのも、疑問文がこれだから。

Это ручка?

まさかのピリオドがクエスチョンマークに変わっただけ!あ、ロシア語で言うならточкавопросителый знакに変わっただけ。

疑問詞とかないんだ。。。いや、真偽疑問文だから倒置か。いやいや、そもそもbe動詞に該当する語がないし!

というわけでイントネーションで発声し分けます。

Это ручка?

語尾が上がりませんね。平叙文との違いはударение部のイントネーションが上がるってとこ。というわけで、平叙文でしゃべる時もударениеを意識しすぎてイントネーションを上げると疑問文になってしまいます。逆に疑問文でイントネーションをうまくつけられないと平叙文になっちゃう。

ロシア語難しい!!

最後に疑問文に対するyes/noの返答です。yesがда、noがнетになります。それぞれзапятая(カンマ)で区切って平叙文ないし否定文を続けます。

Это ручка?

Да, это ручка.

否定するならこう。

Это ручка?

Нет, это не ручка.

この辺は英語の知識でなんとかなる。