Raspberry Piいろいろ

2016年4月10日

Raspberry Piって結構種類があります。古い型から新しい型まで、簡単にまとめてみました。

全部で8種類もある!

とかBとか2とか3とか…。よくわかりませんね。ざっくり言えば機能の違いとバージョンの違いになります。

最初期版 GPIO拡張版 CPU強化版 無線機能搭載版
Aシリーズ Pi MODEL A Pi MODEL A+ N/A N/A
Bシリーズ Pi MODEL B Pi MODEL B+ Pi2 MODEL B Pi3 MODEL B
ZERO N/A Pi ZERO N/A Pi ZERO W

最初期版は既に生産終了らしいので、現行モデルは6種類あることになります。ウィキペディアによるとこの他にCompute Moduleというのがあるそうですが、かなり特殊っぽいんで除外してあります。

廉価版のMODEL Aよりも高機能版のMODEL Bの方がいろいろと進化しています。ZEROはMODEL Aのとんがった奴といった位置づけでしょうか。

有線LANを持たないMODEL Aからさらにカメラモジュール接続を削除して、USBやHDMIポートを小型化して基板サイズを抑えています。ただしCPUクロックをあげていたりメモリをMODEL B並みに増やしていたりします。

で?どれ買う?

機器組み込みとか考えたらMODEL A++って感じのPi ZEROとか良さそうですね。基板面積で言えばMODEL Bの半分以下ですから。

結局2016年4月時点でもっとも流通していたPi2 MODEL Bを買いましたが、今なら有線LANやUSBポートが欲しければPi3 MODEL B、そうでなければPi ZERO Wですかね。