Time4VPSのStorage VPSを使ってVultrのディスクを拡張する

このサイトを置いているサーバーはVultrのVPSです。格安でSSDも25GBもあって、東京にもデータセンターがあってとてもいいサーバーです。

一方サブで借りているさくらのレンタルサーバー。こちらも安くて100GBのHDDが使えるので、NextCloudを動かしてプライベートクラウドストレージにしています。

Time4VPSを使ってみる

さくらのレンタルサーバー、いいんですけどたったひとつ不満が。。。いまだにFreeBSD 9.1だ!ということ。もはやサポートもされていない。今年に入ってからサーバー環境が新しくなって「新生さくらのレンタルサーバー」って言ってるけどOSのバージョンは相変わらずのよう。

さくらのVPSに出戻ってもいいんですが、また初期費用が発生しちゃうしなぁ。

で、見つけたのがリトアニアのTime4VPS。Vultrと違って普通のVPSに加えて、ストレージに特化したStorage VPSというのがある。

Time4VPS.EU - VPS hosting in Europe

安めのプラン同士で比較するとこんな感じ。

Plan Standard VPS Storage VPS
S Plan M Plan L Plan 0.5TB Plan 1TB Plan 2TB Plan
CPU 1 x 2.40GHz 2 x 2.40GHz 4 x 2.40GHz 1 x 1.70GHz 1 x 1.70GHz 1 x 1.70GHz
RAM 1024MB 2048MB 4096MB 512MB 1024MB 2048MB
Storage 40GB 80GB 160GB 512GB 1024GB 2048GB
Bandwidth 2TB 4TB 8TB 2TB 4TB 8TB
Backups Optional Optional Optional No Backups No Backups No Backups
Price 3.99EUR 5.99EUR 9.99EUR 3.99EUR 5.99EUR 9.99EUR

Storage VPSの0.5TB Planを試しに購入してみました。

PayPal支払いで購入するとインボイスが送られてきて、そこにあるリンクを踏むとPayPalで決済できます。支払いが済むと自動的にインスタンスが生成されました。Servicesの中にあるService Details情報によるとOSはCentOS6。

当初はTime4VPSにNextCloudを入れようと思っていたのだけれど、Linuxよくわからないのでネットワークファイルサーバーを立ち上げて、NextCloudはVultrに入れることにしました。

CentOS6でNFSサーバーを立ち上げる

NFSサーバを設定(CentOS6)シンプルで簡単なファイル共有をする|GOISBLOGNFSサーバーの設定|Server Worldなどを参考に設定を進めます。

# yum -y install nfs-utils

ドメイン設定はしていないので/etc/idmapd.confのDomain指定はパス。共有ディレクトリとして/exports/dataを作成して所有権を変更しておきます。

# mkdir -p /exports/data
# chown nfsnobody:nfsnobody /exports/data

そして/etc/exportsファイルに共有パスと接続IPアドレス、オプションを書き込みます。

/exports/data 12.34.567.890(rw,all_squash)

設定が終わったらサーバーを起動します。

# service rpcbind start
Starting rpcbind:                                          [  OK  ]
# service nfslock start
Starting NFS statd:                                        [  OK  ]
# service nfs start
FATAL: Module nfsd not found.
FATAL: Error running install command for nfsd
Starting NFS services:                                     [  OK  ]
Starting NFS mountd:                                       [  OK  ]
Starting NFS daemon:                                       [  OK  ]
Starting RPC idmapd:                                       [  OK  ]

FreeBSDでNFSクライアントを立ち上げる

FreeBSDの方はハンドブックに従って設定します。

マウントポイントを/mnt/dataなどと作成したらNFS非同期I/Oサーバーを起動してからネットワーク越しのディスクをマウントします。

# nfsiod -n 4
# mount 123.456.789.0:/exports/data /mnt/data

これで25GBのVultrインスタンスに0.5TBのディスクが追加されました。

$ df -h
Filesystem                     Size    Used   Avail Capacity  Mounted on
/dev/ufs/rootfs                 24G     14G    8.7G    61%    /
devfs                          1.0K    1.0K      0B   100%    /dev
123.456.789.0:/exports/data    512G    627M    511G     0%    /mnt/data

再起動しても自動接続するように設定しておくと幸せ。

デーモンの起動は/etc/rc.confに記載。

nfs_client_enable="YES"
nfs_client_flags="-n 4"

自動マウントは/etc/fstabで設定。

123.456.789.0:/exports/data /mnt/test nfs defaults 0 0

こんな感じ。